2007年04月15日

天津港それから北京

黄海、その名のとおり、

海が黄色いのである。

と言っても、少し黄色いくらいだが…

黄河の水が流れ込んでいるのだろう。

無事、約50時間の船旅を終え、天津港に着いた。

天津港はさすがにでかかった。


FXCD0083.jpg

天津港で、入国手続きを行って、いざ入国。

飛行機以外でのはじめての入国。

ここで、少し困ったことが、

中国のお金、元がないのである。

船の中で両替ができたのらしいが、

てっきり忘れていて、どうせ港で両替できるだろう、

空港なら両替所あるしね、と思って、油断していた。

しかし、天津港には全くないのである。

そういえば、神戸港にも両替所がなかったような…

仕方ないので港に出をでてみたが、何もない。

銀行どころか、店も…

一緒にいたアッコちゃんが両替をしていた。

助かった…とりあえず、バスに乗って、

天津の中国銀行に行くことになった。

天津の街はすごく人が多く、車どおりが多かった。

中国銀行に着いたが、閉まっていた。

国慶節というパブリックホリーデーで、

日本で言う、ゴールデンウイークみたいなものですわ。

ハイ、お金両替ならず、

そのままアッコちゃんにお金を借りて、

北京まで行くことになった。

北京まで行くバスの中には、

さっきまで船で一緒だった人がたくさん乗っていた。

北京までバスに揺られること2時間、

隣の席には船の中で知り合った女の子だった。

25歳で日本の会社役員であり、今回中国に出張らしい。

超エリートやん・・・(しかもかわいい)

バスの中で、その女の子が、俺にジュースをすすめてくれた。

なんか、ココナッツの黒い缶のジュースでいかにもアヤシイ…

でも、中国では超有名で、その女の子は毎日飲んでいるらしい。

せっかくすすめてくれて、のどが渇いていたので飲んでみた。

「グビッ」…「マズーッ」

これはもう飲めない、

しかし隣の女の子(会社役員)が得意げに見ている。

「どう、おいしいでしょ?」みたいな勢いで。

どうしたものか…考えた。

そしてひらめいた。

「沖田君、これ中国のジュースやねん、飲んでみる?」

と言って、友達にジュースを回していった。

みんな一口飲んで「アリガトウ…そしてゴチソウサマ…」だった。

まだ3分の1残っていたが、最後はがんばって飲んだ。

「おいしかったよ、ありがとう」の気持ちをみせつつ…

そんなこんなで北京に着いた。

北京のどこに着いたかは分からなかったが、

何しか北京に着いた。

バス停にいたおばちゃんが、親切に地図を広げて現在地をおしえてくれた。

ありがとうおばちゃん…

「5元ちょうだい」

はっ!なに?地図売るの?早速中国の商売魂を見た。

なんやかんやでとりあえず自力で宿探し、

最初、明ちゃんマンが電話で宿探ししたが、どこも満室。

男3人で探しに行った。

奏したら一人50元の宿を見つけそこに決めることに、

チェックインを済ませ、ゆっくりしていると、

いきなり宿の人が来て

「泊めることが出来ない」と言ってきた。

なんか中国では、外国人は3星以上の宿しか泊まれないらしい。

結局追い出され、違うホテルを紹介された。

FXCD0096.jpg(ホテルは夜に着きました、写真は朝撮ったものです)

しかし、そこしか空いておらず、

7人でツインの部屋を2つ借りることとなった。

それで一人70元仕方ないか・・・

それから、晩御飯を食べに行った。

近くのオープンカフェに…

ちょっと汚くせわしいカフェだけど…

FXCD0091.jpg

しかしうまかった、さすが中国4000年

ビールも飲んで、たらふく食べて一人170円くらい。

安いっ!中国面白い!











posted by ダイタ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

燕京号の旅

神戸から天津までの燕京号での所要時間は50時間である。
神戸港からの出港し、瀬戸内海を突き進む。
明石海峡大橋、瀬戸内海の島々、
瀬戸大橋などを通りながら、
ちょうど夜の12時頃に関門大橋を通過し、
いよいよ黄海に入った。
船の揺れは黄海に入ると大きくなった。
船の中では、仲良くなった中国人とトランプ(大富豪)
をしたり卓球をしたりして遊んだ。
もちろん船の中なのでゆれているけど…

FXCD0052.jpg

船の中の食事は、結構よかった、
船の中は日本語が一切通じない完全に中国の空気なのだけど、
お金だけは日本円だった。
やはり物価が日本のほうが高いからだろうか…

FXCD0041.jpg

2日目の夜はなんかちょっとしたパーティがあった。
今までほとんど働いている様子がなかった、船員が、
手品したり、中国琴を弾いたり、
たぶんそっちの方が本業ちゃうか?

FXCD0075.jpg

そんなこんなして船の中を楽しく過ごした。
船旅、超おすすめ!







posted by ダイタ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

日本出発

9月29日いよいよ日本出発。

世界一周の最初の目的地は、

中国の天津である。

なぜ天津かって?

それは今時、珍しく、飛行機でなく、船での出国なのである。

ちょっとかっこいいでしょ(?)

FXCD0085.jpg


船の名前は、燕京号、

中くらいの大きさで、どちらかと言えば、古い船である。

12時出港予定だったが、11時30分には神戸港を出港した。


FXCD0009.jpg








さて、50時間の船旅の始まりである。

船に乗った瞬間、その空気は中国に包まれた。

日本語はおろか、英語もほとんど通じないのである。

しかし、同じ雑魚寝の部屋になった、中国人女性は、

日本で働いていたり、住んでいたりして、日本語が上手である、

出港するやいなや、仲良くなった。

FXCD0077.jpg

これから、天津までの船旅、楽しみである。






posted by ダイタ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

帰国後

とりあえず

今、旅行の日記、写真をまとめてます。

FXCD0146.jpg

posted by ダイタ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。