2007年05月10日

やっぱり中国面白い!

(中国では)高級ホテルに泊まったが、

朝から疲れが取れず体中が痛い。

そりゃそうだ、ツインの部屋に、男5人の泊まったから・・・

当然3人は床に寝ることになりました。

中国に入って翌日から

北京に入った日は国慶節、

国民の休日わかるけど、人が多すぎ!

特に天安門広場の前は最悪の人の多さ!
FXCD0110.jpg
なんぼ休日といっても、地下鉄の駅を閉めるのは無しでしょ!

今日は、次の目的地の西安に向かうための

切符を買うことが最ヒイキで、北京駅を目指しました。

天安門広場の近くの『前門』という場所に移動。

そこには人・人・人… 「さすが中国!」

前門から北京駅を目指したわけやけど、

その前に、肝心のお金「中国元」を作らなければならなかった。

北京駅までに国慶節でも空いている銀行がなんとかあった。

早速、4万円分を両替しました。

大体1元は15,6円でした。

やっと、中国元を手にいれました。

ほんまに中国元の持っとる友達がいて助かりました。

さて、両替も終わったさかい、もっかい北京駅を目指したんやけど、

地図で見た距離よりもはるかに遠い。

途中で、怪しい露天販売の親父に道を聞きながら、

何とか北京駅に着きました。

せやけど、中国(他の国でも)では、スイカやハミ瓜(メロンみたいなやつ)

を切って、そのまんま売ってました。

日本であれば絶対『食品衛生法』に引っかかるやろう。
FXCD0119.jpg
20分ぐらいで着く予定が1時間以上かかって、やっと北京駅に到着した。

それから、北京から西安までの切符を買うわけやけど、

「地球の歩き方」には異国人専用切符売り場が北京駅にあるはずのだか、

北京駅にはそれらしき窓口がなかった。

駅員に聞いたら「2階に行け!」2階に行って聞いたら

「1階に行け!」もういっぺん同じ人に聞いたら「2階に行け!」

こりゃアカンそれで近くの中国人に聞いたら「あそこの窓口で買え!」

と連れて行ってくれた窓口は『天津行き専用窓口』

さすが!中国!オモロイ!
仕方がないので中国人窓口(一般窓口)で筆談で切符を購入。

結構簡単に切符を買えた。

中国で切符を買うのは、戦いである。

何が戦いであるかというと、

順番を守らずどんどん順番ぬかしをする。

それを見とる窓口の切符売り場の親父は、

大声で順番抜かしの中国人を怒鳴りつける。

「後ろに並びやがれ、馬鹿野郎」←日本語訳

怖い怖い!切符をビクビクしながら購入。

ジェントルマンの日本人には結構優しかった(普通やった)

だけど、おつりのお金を投げるのはやめて欲しい。

中国(他の国でも)お金を結構投げられる。

何とか、切符を購入した後、

天安門(前門)まで戻り、北京で一番有名な北京ダックの店で
FXCD0128.jpg
北京ダックを食べた。せやけど1人前で、すごい量だった。

一人前70元(1092円)やっぱり北京は北京ダックやね。


posted by ダイタ at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あいのり続いているみたいだね。
でも男だけ5人って少しむさくるしくないか???
可愛い中国人の女の子捕まえないと!
Posted by サブロー at 2007年05月11日 00:34
いま、僕は日本ですよ〜。

サブローさんはまだイースター島ですか?
Posted by だいた at 2007年05月11日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。